「アルカリイオン水」って […]

天然水って、本当に美味し […]

最近テレビなどでよく言わ […]

アンチエイジングにはカリウムの摂取が不可欠

「アルカリイオン水」ってなんなのでしょう。
綺麗な水辺や森で深呼吸すると、天然イオン効果で気分が清々しくなるものですが、それと関係があるのでしょうか。

しかし「アルカリ」というのは、なんとなく科学の実験を思わせる言葉でもあります。
自然と科学、二つのイメージを持つ 「アルカリイオン水」、とてもからだに良い水のようですが、一体どうやって作られているのでしょうか。

アルカリイオン水と呼ばれる水には、大きく分けて2種類あります。
もともとアルカリ性の性質をもつ天然水と、それ以外の水を電気分解させたものです。
水を電気分解すると、飲用には不向きなものの、洗顔などに使用できる弱酸性水と、アルカリイオン水ができるのです。

健康の観点からみて理想的なのは、体内環境を弱アルカリ性に保つことです。
しかし、豊かな食生活をおくっている現代人の体内環境は、脂肪分や糖分の摂り過ぎによって酸性に傾きがちです。
これを、理想的な弱アルカリ性へと中和してくれるのがアルカリイオン水なのです。
アルカリイオン水は、身体に吸収されやすいという特徴があり、習慣的に飲んでいれば、それだけで健康な身体に近付くことができるのです。

身体のためにもアルカリイオン水を毎日飲みたい、料理にも使いたい、と考えても、お店で大量に購入するのは重くて大変です。
ネット販売などを利用して、ペットボトルの水を届けてもらっても、ゴミが増えてしまいます。
ボトルを回収してもらえる宅配水なら、そんな不便はありません。
また、冷水だけでなく熱湯が出るサーバーなどもあるので、それぞれの家庭に合ったサーバーを選ぶことができ、費用もお得です。

美肌の秘密は水の硬度にあるってご存知でしたか?

ミネラルウォーターを購入しようと思った時、商品表示に『硬水』・『軟水』と書かれているのを目にした事はありませんか。
これは水の『硬度』を表す表記で、カルシウムとマグネシウムの含有量が多いほど硬度が高い水という意味です。
出典:硬度の意味やその違い|硬度の意味やその違い

女性の憧れの職業であるモデルは、何故みんなあんなに美しいのでしょうか。
逆にとれば、美しさを保つことがモデルの重要な仕事といえるものなのですが、そのモデルの間でも「水美人」というコンセプトがあるのです。
これは、美容法の一種で「とにかく水を飲む」ということなのですが、水といってもこだわりがあり、マイミネラルウォーターを持ち歩いて飲むモデルが多いのです。

乾燥が気になるお肌の為と、身体の内側からの水分の補給をする為には、成人女性で大体1日に1リットルから2リットルを飲むことが理想と言われています。
ミネラルウォーターには、細胞の新陳代謝を促進してくれるという作用もあります。
ミネラルウォーターに含まれるミネラル分には色々ありますが、中でもカルシウム・カリウム・マグネシウムが適量含まれているものは、効果が高い上に飲み易いというメリットがあります。
因みに水には硬度があり、高レベルの硬水というのは美容面では優れていても、「お腹に良くない」「料理が固くなってしまう」というデメリットがあります。
普通に人が飲むのに適しているのは、飲み慣れた軟水や、中程度の硬水です。

さて、アンチエイジングとうと「みずみずしいお肌」が連想されますね。
この「みずみずしい」という言葉は、具体的なお肌の状態を現わす他にも、人が溌剌と活動している様の表現にも使われますね。
この言葉は正に同じ意味を示しているもので、「エイジング=水分量が減少する」減少となっているのです。
身体の水分量は、老化と共にどんどん減少していってしまうものです。
エイジングケアの為に、質の高いミネラルウォーターを、毎日十分飲み続けることが「水美人」になる秘訣と言えるのです。

さて、いちいちミネラルウォーターを持ち歩かなくても、自宅で継続して質の良い水を飲もうと思ったら、宅配水を利用するのが良いでしょう。
宅配水なら買い忘れる心配もなく、何よりも飲用から料理用まで幅広く利用できます。
もちろん美容に良いミネラルバランスに優れた水も数多く取り扱っていますので、一度試してみては如何でしょうか。

Posted in お水はとっても体に良いのです!! | Leave a comment
乾いた体に天然水が、染み渡ります。

天然水って、本当に美味しいですよね。
朝起きて飲むコップ一杯の天然水は、乾いた体にスーッと染み渡ります。

私は田舎で生まれ育ったため、飲み水といえば水道水か井戸水でした。
田舎なので、水道水でも普通に美味しく飲めていました。
そのため数年前までは、天然水のペットボトルを買うなど全く考えられないことだったのです。
天然水を買うなんて、お金がもったいないとさえ思っていました。

学生時代はお茶やジュースなどの飲み物を購入していましたが、年齢を重ねるにつれて、お水を飲む機会が増えました。
ジュースなどは後味が残るため、社会人になってからはお水のペットボトルを常時持ち歩くようになりました。
水は屋上にある貯水タンクから汲み上げているので、消毒臭くてとても飲めません。

この間自宅に見知らぬ営業のお兄さんが訪問してきて、「宅配水を設置しませんか?」と言われました。
人気の宅配水とは

良いなと思ったのですが、自宅は狭いマンションで設置する場所は確保できないので、一度はお断りしました。
ですが、もう一度冷静に考えてみて毎日ペットボトルの水を購入する事や結局ご飯なども消毒の臭いの強い水道水で作っている等いろいろ考えて契約することにしました。

それまでは販売されているお水なんて、どれも同じだと考えていましたが、お水を飲むようになって味の違いがわかるようになってきました。
国内外を問わず硬水・軟水・炭酸水と様々な天然水を試してみたりもしました。
お水の種類によって、効能に違いがあることも学びました。

軟水なので飲みやすくクセが無いので、毎日とても美味しく頂いています。
天然水でお米を炊くと、お米一粒一粒がふっくらとしてツヤツヤに炊きあがりますよ。
一口食べてみるとしっとりして甘みがあり、水道水とは全く違います。
一度天然水でお米を炊くと、もう水道水には戻れません。

その他にお茶や味噌汁、青汁にも利用をしています。
リーズナブルなのでたっぷりと使用できるのが、良いですね。

また女性は肌の事とかかなり気を使っていますよね。
たかが水、されど水で、ミネラルウォーターは私達が思っている以上に美容効果があるようです。

一般的に肌が衰えたと感じる症状として挙げられるのは、シミ・ソバカス・シワ・くすみ等です。
しかし中でも全身規模で著しく感じられるものとしては、肌の弾力の低下ということです。
この症状は、「肌しぼみ」とさえ言われるもので、若い頃にはもちもちと弾力のあった肌が、うって代わって風船がしぼんだようにハリを失ってしまう状態のことです。

この肌しぼみの症状が起きることにより、見た目年齢が実際よりもずっと老けてしまうものです。
潤いのあるお肌に戻る為には、保湿が絶対条件なのです。

再び若々しいお肌のハリを取り戻したい、そう強く願う女性は、まず毎日摂取する水分の質や成分にもこだわりたいですね。
お肌に一番良い効果を持つ成分としては、ミネラルの一種であるカリウムが含まれた水を飲むことが良いでしょう。
カリウムの特徴としては、細胞の代謝を促進してくれるという作用があることです。

肌が老化してしぼんでしまったときに、高価な化粧品を使用して、水分として美容成分を補充してもそれだけでは不十分です。
何故なら、そもそも肌に残存している老廃物を上手に排出できなければ、新しい成分が浸透していかないというわけです。
老廃物の排出を促進する為には、カリウムの含まれたミネラルウォーターを飲むことにより、肌のみならず、全身に及ぶ代謝能力を上げることができ、総合的にアンチエイジング効果をもたらしてくれるのです。

Posted in お水はとっても体に良いのです!! | Leave a comment
水とお肌の大事な豆知識

最近テレビなどでよく言われている通り、水とお肌にはとっても大切なつながりがあります。
みずみずしい若いお肌と、ぱさぱさして老化したお肌、この二つを決める鍵を握っているのが「水分」です。

お肌に水分が足りていないとシミ、シワ、たるみなどの困ったトラブルを引き起こしてしまいます。 化粧品などで「保湿」や「潤い」を売りにしている商品が多いのは、お肌の専門家達も水分対策に重要性を感じているからでしょう。

もちろん化粧品で足りない水分を補うというケアは大切なのですが、肌への浸透を考えると外側からの対策だけでは不十分と言えそうです。
つまり、本当にお肌に潤いを与えたければ内側からも水分を補ってやらなくてはいけないのです。

ではどうするか、ということですが、内側から水分を与えるにはまず水をたくさん飲むことが大切です。
よく、モデルさんはスリムな体型を維持するためやデトックスのために水を1日に何リットルも飲むという話が取り上げられますが、そうした目的以外にもお肌に潤いを与えるためということもあるのです。

しかしここで注意が必要なのは、だからといって大量に飲めばいいということではないということです。
組織内の水分量が一定量を超えると、むくみなどの原因になってしまいます。特に体内の塩分は水分を貯めてむくみをひどくしてしまうこともあるので、日々の食事で塩分を摂りすぎないように注意してください。
お肌へ水分を補給するには、摂り過ぎることなく、少なすぎることもなく、適量をこまめに意識することが重要なのです。

Posted in お水はとっても体に良いのです!! | Leave a comment
水の大切さと日常生活への取り入れ方

知っている人も多いと思いますが、人間の体の60%は水でできています。
体の中にある水は、血液の循環を良くしたり体温調節をするなどとても重要な役割を担っており、水不足に陥ると熱中症や水分不足になります。

のどが渇いたときは、既に水分不足の合図なので、感じる前にこまめに摂取する事が必要です。
私が日ごろ飲んでいる水は、ウォーターサーバーの富士山の天然水と、フランスのコントレックスを良く飲んでいます。
前までは水道水を沸かして飲んでいましたが、ウォーターサーバーを導入してからミネラルウォーターの良さに気づき、それ以来水道水は飲んでいません。

ウォーターサーバーの水は、焼酎割にしたりインスタント料理に使ったりしています。
たまにお米を炊くときも使いますが、お米がふっくらとしていて甘さがありとても美味しいです。
コントレックスは味に癖がありますが、カルシウムやミネラルが豊富に含まれており、ダイエット効果もあるのでコーヒーを飲むときに使っています。

外国のミネラルウォーターは日本に比べて飲みにくいですが、その分、栄養が詰まっているので、健康維持のために飲むのも良いかと思います。
水は体にとってなくてはならないものであり、飲むのであれば、美味しいものを飲みたいものです。
現在は、様々なミネラルウォーターや天然水が発売されており、外国からも輸入されているので、用途に合った使い方をするのが一番だと思います。

Posted in お水はとっても体に良いのです!! | Leave a comment